おすすめの美容液

背中ニキビをケアするのに一番おすすめな方法と対策

背中ニキビケア

背中は普段自分でみることが中々無い分おざなりになりがちです。

でも背中や胸は体の中でも皮脂腺が多い部分なので皮脂の分泌が多くニキビができやすい部分でもあります。

温泉やプールなどに行った時に他人にみられてニキビが多いと恥ずかしいですよね?そうなる前にきちんと改善し、背中ニキビができないように予防していきましょう。

背中ニキビの直し方

体を洗う

まず予防に大切なのは日中にかいた汗と皮脂をしっかりとお風呂やシャーワーで落とし清潔に保つことです。

お風呂での洗い方

お風呂で体を洗う際にナイロンタオルなどでゴシゴシと肌を傷つけるような洗い方をしてしまうとニキビが治るどころか更に悪化させてしまうので、ナイロンタオルやブラシなどで洗うのは避けましょう。

正しい洗い方は綿タオルなど肌を傷つけにくいタオルでやさしく洗うことが大切です。

 

またタオルにつけるのは固形石鹸がおすすめです。

手軽なのでボディソープなどを使いがちですがボディーソープは界面活性剤が多いため肌に刺激を与える上に油分が多いため、油分が背中や肌に残ってしまい油膜をはりニキビの原因ともなってしまいます。

その点固形石鹸には余分な油分が含まれていないのでそういった心配はありません、肌に合った固形石鹸を利用するとなお効果的です。

オイリー肌

オイリー肌の方には洗浄力や保湿成分が高めに配合されている石鹸がおすすめです。

敏感肌

敏感肌の方は低刺激な石鹸を選びましょう。

乾燥肌向けの石鹸や無添加のものであれば刺激も少なく肌にも優しです。

注意
先に体を洗ってからシャンプーをするとシャンプーの成分が体に残ってしまうこともあるので先にシャンプーをしてから体を洗うようにしましょう。

衣服で予防

綿の洋服

普段の生活で着ている衣類によっても背中ニキビの原因となります。

おすすめしたい生地はやはり綿素材の生地です、

綿素材の生地の衣類は吸湿性にも優れていますし肌への刺激も低く、ニキビの悪化を防ぎます。

それでも夏の暑い時期などは大量に汗をかきやすいので朝と夜にはシャワーを浴びて汗を流し、日中もできるあけ汗をかいた時にはふき取るようにしましょう。

そういった心がけ一つで背中ニキビや胸のニキビは一気に改善される場合があります。

背中ニキビに有効なケア用品

背中ニキビと顔のニキビは少し種類が違います、顔のニキビは「アクネ菌」が主な原因ですが背中ニキビは「マラセチア菌」という菌が原因です。

マラセチア菌はいわゆるカビと言われるもので、主に脂を栄養としています。

背中ニキビに有効なスキンケア用品は「イソプロピルメチルフェノール」という成分が配合されたものが効果的です。

この「イソプロピルメチルフェノール」が配合されたニキビケア用品であればマラセチア菌はもちろんアクネ菌の殺菌にも効果的なので、正しく体を洗うのと同時に使用することをオススメします。

食事で予防

顔のニキビケアの記事にも記載しましたが皮脂を抑える栄養素が入った食品を摂ることも効果的です。

とりたい栄養素はビタミンB1、ビタミンB2です。

これらのビタミンは豚ヒレや鶏レバー、ピーナッツ、ヨーグルトなどに含まれているので日々の食事に取り入れていきましょう。

逆に動物性脂肪や糖質を摂りすぎると皮脂の成分であるトリグリセリドが増加してしまうのでなるべく控えるようにしましょう。

動物性脂肪は肉やバターやラードなどに含まれており、糖質はご飯やパンやじゃがいもなどに多く含まれています。

漢方薬で予防

こちらも顔のニキビケアの記事でもお伝えしましたが体のニキビにも漢方薬がニキビを根本的に治すには効果的です。

ただし顔ニキビと体のニキビでは症状が違うので異なるタイプの漢方薬の使用をおすすめします。

柴胡清肝湯

この漢方はニキビの炎症を鎮めて免疫力を高めてくれる肌質に改善してくれます。

十味敗毒湯

化膿してしまっていたり痛みがあるような背中ニキビができてしまっている方にはこちらの漢方がおすすめです。

またアレルギー体質の方にも有効とされています。

背中ニキビ改善のまとめ

汗や皮脂が主な原因で背中ニキビはできてしまいますが日々不規則な生活を送っているとニキビはできやすくなってしまいます。

ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、これら全てが肌荒れやニキビに影響してきます。

生活環境を一度に一気に変えるのは困難だとは思いますが一つ一つ少しづつでも規則正しい生活に近づけるように努力をしていきましょう、そうすることによって背中ニキビはもちろん顔や肌全体がきめ細やかなハリのある肌にする一番の近道です。