おすすめの美容液

シワを予防して消すための化粧品とは?正しいコラーゲンの取り方

手のシワ

シワというのはコラーゲンやエラスチンが減少する事が原因でできてしまいます。

しかし食事からコラーゲンをとっても十分な効果は得られません、ではどのようにしてコラーゲンを摂取すれば良いのか説明していきます。

シワ予防の為に必要な事

シワが気になる女性

シワは若い頃には戻っていた表情のシワが加齢と共に元に戻りにくくなっていき徐々に肌に刻まれていったものです。

その原因はコラーゲン繊維が弾力を失うからなのですが、失ったコラーゲンを再び増やす成分となるのはビタミンC誘導体やレチノールです。

それらの成分が配合された化粧品を利用してコラーゲンを復活させることがシワを目立たなくするのに非常に効果的ですなので、年齢にあった成分を活用していきましょう。

年代別シワに有効な成分

年齢によって効果的な成分は違ってきますのでそれぞれの年齢にあった成分を使っていきましょう。

20代向けの成分

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に対して吸収しやすい形に変えたものです。

美白作用もあり、皮脂を抑えたりニキビや毛穴対策などの効果も期待できます。

ナイアシン

肌の新陳代謝を活性化してハリを出します。

ニキビにも効果があり、刺激が少ないので肌が弱い人にもおすすめです。

抗酸化成分

油溶性甘草エキスや植物ポリフェノールなど植物エキスが多く用いられる成分です。

30代向け成分

レチノール

ビタミンAの一種です。

刺激が強いですが真皮のコラーゲンを増やす作用があります。

AHA

ピーリングコスメに配合されている成分です。

色々なタイプの化粧品がありますが、石鹸タイプのものがおすすめです。

ちりめんジワの改善

老人

ちりめんジワは目元によくある薄いシワです。

これは肌が乾燥することが原因で出来るので、大人だけでなく子供にも出来るシワです。

この目元のシワの対策方法としては朝晩のスキンケアでしっかりと保湿することです。

特に有効的なのはセラミドが配合された保湿美容液を使用すること、また油分も必要なのでクリームなども使っていきましょう。

シワの原因を取り除く

年齢を重ねるごとにターンオーバーは遅くなります。

これは肌の機能が老化していくからが原因なのですが、その機能を活性化させる為にピーリングを使用して古い角質を取り除き肌の代謝をあげる事が有効です。

そうすることによって下から新しい肌が生まれてくるのです。

 

ただし気をつけて欲しいのがピーリングを使う際の化粧品の選択です。

ものによっては刺激が強すぎて肌を傷つける可能性もあるので、おすすめは洗い流すタイプのものです。

このようなものであれば肌への刺激も少なく、肌が弱い方にも使いやすいです。

ピーリング後の対策

ピーリングで古い角質をとった肌はまっさらなので化粧品の吸収力が上がるので、このタイミングで美顔器などでビタミンC誘導体のイオンを導入すると肌への浸透が高まり非常に効果的です。

その後はまたしっかりと保湿をしましょう。

肌を活性化させる方法と有効な食品

シワ対策は肌の代謝をあげて血液を循環させる事が重要です。

顔のマッサージやエクササイズを行うことで肌を活性化させていきましょう。

顔のマッサージでの予防

角層が乾燥していると肌が硬くなり更にシワが目立ってしまいます。

そうならない為にも保湿やそしてマッサージを行うことが非常に有効です。

マッサージをすることによって肌全体の血液が循環して代謝が上がり、シワの予防や改善に役立つのです。

美顔器などを利用するのも効果的ですが、シワが奥深くまで進行してしまうと改善は難しいので早めのケアを心がけましょう。

シワ対策の食事

りんごの皮を剥くと茶色くなるのは酸化が原因です。

人も同じように細胞が酸化するのですが、その原因は活性酸素です。

その活性酸素を取り除くのが「抗酸化物質」です。

コラーゲンは食事から取り入れても肌のコラーゲンにはならないですが、抗酸化物質となるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは非常に優れた栄養素となります。

ビタミンAが多く含まれた食品
  • うなぎ
  • モロヘイヤ
  • 人参
  • 春菊
  • ほうれんそう
  • かぼちゃ
  • 赤パプリカ
ビタミンCが多く含まれた食品
  • 赤パプリカ
  • 黄パプリカ
  • 菜の花
  • ブロッコリー
  • ピーマン
  • ミニトマト
ビタミンEが多く含まれた食品
  • アーモンド
  • ツナ缶
  • たらこ
  • うんぎ
  • 赤パプリカ
  • アボガド
  • ほうれん草

上記の食品を合わせて取ることによって抗酸化作用の効果が更に期待できます。

シワ改善のまとめ

額や眉間のシワは髪を結ぶ時に頭皮を引っ張りすぎることによってできやすくなります、

またタバコを吸ったり、歯周病で歯肉が痩せた人も口元にシワができやすくなってしまうので注意しましょう。

よくコラーゲン入りと謳った食品や飲料が販売されていますが、コラーゲンは胃腸でアミノ酸に分解されてしまうのでコラーゲンとしてはほぼ吸収されません。

今回説明したようにシワ予防に効果的な成分が配合されたスキンケア化粧品を利用したり、ピーリングでシワの元を除去しつつ食事やマッサージで少しづつでも改善していきましょう。