おすすめの美容液

きれいな髪を保つためのヘアケア方法|コツは頭皮への保湿

髪の毛を根元から綺麗にする方法

キレイな髪を保つためには頭皮環境がとても大切になります。

実は頭皮には重要な役割がありこれから生えてくる髪の毛の土台となります。

髪の毛には気を使っていても頭皮をケアしている人はあまりいないのではないでしょうか。

今使っているヘアケア商品が自分に本当に合っているのか、自分に合う商品を使うことによって効果的に頭皮や髪のエイジングケアができます。

そこでどんなヘアケア用品に変えた方が良いのかをお伝えします。

髪を綺麗にする為には頭皮に優しいシャンプーに変える

優しいシャンプーをする犬

髪の毛は頭皮から出てきた時点でその髪の毛は死んでいるようなものなのです。

ですので大切なのは髪の毛が頭皮から出る前の状態、つまり土台から綺麗にして栄養を与えて行くことが大切なのです。

アミノ酸シャンプー

これまでは気にしなかったシャンプーですが、市販されているシャンプーは洗浄成分がとても強く知らず知らずのうちに頭皮や髪の毛に刺激を与えてしまっていることがあります、それが髪の毛のパサつきやごわつきの原因になります。

そこでおすすめなのが「アミノ酸シャンプー」です。

アミノ酸のシャンプーは私たちの髪の毛や身体を作るタンパク質でできている成分なのでお肌と同じ弱酸性です、そのため低刺激で頭皮が弱い方やアレルギー体質の方にも炎症が起こりにくいと言われています。

パサつきや頭皮のことを考えるのであれば、低刺激な髪に優しいアミノ酸のシャンプーに変えてみましょう。

「極上美容液で髪を洗う。」コラーゲン×アミノ酸シャンプー

シャワーの温度は?

そして洗髪をする際に気を付けてほしいことは「お湯の温度」です、実は、熱い温度のお湯を使うことは頭皮にも髪の毛にもよくありません。

確かに洗いあがりは気持ちいいと感じますが、熱いお湯を頭皮に当てることは頭皮に負担がかかり乾燥の原因になりかねません。

せっかくシャンプーを良い物ものに変えても意味がなくなってしまいます、そのため理想のお湯の温度の目安は「38~40℃前後」です、これくらいの少しぬるいかなと思うくらいの温度が理想です。


頭皮に保湿液を使用する

保湿オイル

頭皮の保湿もおすすめします。

皮膚が薄いこともあり顔に比べて頭皮は3~5倍も乾燥しているといわれています。

更に歳を重ねる度に油分も少なくなってきてしまい、頭皮が乾燥してフケのようになったり硬くなり血行が悪くなります。

頭皮も皮膚の一部なのでお肌と同じようにケアを怠れば乾燥します。

毎日保湿をすることにより潤って健やかな頭皮を保つことができます。

ではどのような商品で保湿すればよいのでしょうか?

ローションタイプで保湿する

一般的にはローションタイプが一番多く販売されているために入手しやすいです。

ローションに配合されているおすすめ有効成分は「セラミド」が配合されているものです。

「セラミド」は聞いたことも多いと思いますが、肌の化粧品にも使われています、そのため頭皮の奥まで潤いを与えてくれる効果があります。

アルコールフリーで、無添加、無香料で無着色のオーガニック商品も良いでしょう。

オイルタイプで保湿する

頭皮用のオイルの種類は、ホホバオイル・ツバキオイル、オリーブオイルなど様々な商品が販売されています。

オイルはべたつくイメージがありますが、適度な量を塗布する分には油のベールで保湿効果は一番あります。

ただしつけすぎには注意しましょう、たくさんつけたからといって効果が倍増するわけではなく逆に油分が多くなってしまい髪の毛がべたつくことや、頭皮の毛穴を塞いでしまうことによる炎症の原因になります。

そのため、1~2滴から試してみるようにすることをおすすめします。

美容室で炭酸ヘッドスパをするのも効果的

ヘッドスパを受ける女性

他にも頭皮をケアする方法としておすすめするのは、炭酸ヘッドスパです。

炭酸には皮脂やフケなどを泡と一緒に表面に浮かび上がらせてくれる効果があり、毛穴に詰まった汚れを排除してくれます

毛穴の汚れがとれたことにより、キレイな健康な髪が生えてくることに繋がります。

また、ヘッドスパに使っているクリームによって髪へのトリートメント効果もあります。

髪の毛を綺麗にする頭皮ケアのまとめ

お肌だけでなくヘアケアをするだけで見た目の印象がとても変わります。

食生活や生活習慣に気を付けながら、お肌と同じように頭皮や髪にも気を使ってあげましょう。