おすすめの美容液

生理時の肌荒れをホルモンから防ぐ!毎月悩まない為のスキンケア

整理中の女性

女性の悩みである毎月の生理。

生理前になるとニキビが出来て肌が荒れたり足がむくんだりと様々な問題が起きてしまう人がいます。

生理の時にホルモンバランスが崩れて肌質が変化してしまう原因と対策を説明ていきます。

生理時の肌荒れの原因

女性ホルモンの一つに「黄体ホルモン」というものがあります。

このホルモンは皮脂分泌を増やし、ニキビやシミの原因となっていると言われています。

生理前、生理時の肌ケア対策

生理前になると肌は普段より敏感になりやすい傾向にあります。

敏感肌の時に過剰な美肌ケアを行なってしまうと逆に荒れてしまう原因となりますので積極な肌のお手入れは控えておきましょう。

 

この時期のスキンケアの対策としては、ニキビが出来やすくなるので洗顔でしっかりと皮脂を落として油分が少なめの化粧品を利用し、保湿をしっかりする事が大切です。

また大人ニキビが出来てしまうのはストレスや不規則な生活によって引き起こされるホルモンバランスの乱れが大きな原因です。

普段仕事や私生活でストレスを溜め込んでしまっている人は趣味や運動でストレスを発散するよう心がけましょう。

注意
敏感肌の際はシミが出来やすいのでシミ対策としてUVケアはしっかりとしておきましょう。

生理時の食事対策

女性ホルモンには黄体ホルモンの他にもう一つ「卵胞ホルモン(エストロゲン)」というのがあります。

これは生理の後に分泌が高まるホルモンで、肌をうるおしたりコラーゲンを増やすなどの作用があります。

このようにエストロゲンというのは美肌に大きな影響があるのです。

 

このエストロゲンが低下する原因としては無理なダイエットやストレス、老化によって減っていきます。

その低下を防ぐことが美肌のコツです。

そこで食事で取り入れたいのが大豆類です。

納豆や豆腐などの大豆類をとることで肌の老化対策に役立ちます。

MEMO
生理後はエストロゲンの分泌が高まり肌もとても安定します。

積極なスキンケアや新しい化粧品を試すのにうってつけの時期となっています。

ストレスで起こるニキビや老化対策

ストレスを感じる女性

ストレスは自分が自覚していなくても感じている事があります。

その影響で生理が遅れたり下痢や胃痛を起こす人様々です。

このようにストレスを感じると体内の細胞に傷がつき、その結果肌にも悪影響がおき廊下を促進してしまうのです。

 

また免疫力も低下してしまうので、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖して最悪膿んでしてしまったりもします。

ストレスの対策

ストレスによってホルモンバランスが崩れて体調や肌に様々な悪影響を引き越してしまいます。

このストレスの対策方法としては基本は運動などで体をしっかり動かす事です。

運動をする事によって自律神経が安定します、あとは栄養のある食事、正しい睡眠を取る事がストレスに対する一番の対策となります。

MEMO
普段の生活の中にアロマなどリラックス出来る香りを取り入れる事も大きな効果が期待でいます。

生理で肌が荒れてしまった時のスキンケア

月経日

生理の時やストレスを受けた時以外にも季節の変わり目に肌が荒れる人もいます。

そういった時はこちらのスキンケア方法を試してみてください。

優しいスキンケア方法

肌が荒れたり不安定な状態になってしまった時は肌の免疫力が弱まってしまっています。

そんな時に刺激の強い美容化粧品をつけると更に悪化してしまう可能性があります。

なのでなるべくクリームやワセリンのような油分の多いもので皮膚を保護してあげましょう。

 

その後1週間ほど経過して肌が落ち着いてきた時に、セラミドなどが配合された保湿美容液を塗って「バリア機能」を回復させていきます。

ともかく普段使っている化粧品の量を出来る限り控えて肌にとって必要最低限のものを利用しましょう。

美白やアンチエイジング目的の化粧品は我慢です。

MEMO
スキンケア用品対策と同時に食生活やストレス対策も気を遣い、肌をしっかりケアしていきましょう。

生理と肌の関係まとめ

女性に毎月訪れる生理時の悩み、肌のトラブルは大変です。

肌が弱り、ストレスも受けてしまうので出来るだけ肌に優しいケアを行い、食事など普段の生活から対策していくように心がけましょう。