おすすめの美容液

顔のテカりを抑えるのにあぶらとり紙は使うべき?

あぶらとり紙は使っていいの?

あぶらとり紙やティッシュなどでどれだけ拭いても気がつけばまた脂で顔がテカって恥ずかしいですしメイクを直すのも面倒ですよね。

そんな顔のテカリの原因の皮脂をどうすれば抑えられるのか?あぶらとり紙は使うべきなの?

脂が出る原因をしって根本的に改善する方法を解説していきます。

顔の皮脂はあぶらとり紙でこまめに抑えよう

あぶらとり紙

外出中に皮脂のテカりが気になった場合はどうすればいいのか?という疑問ですが、

結論から言いますとあぶらとり紙を使うことおすすめします。

皮脂のテカりそのままにしておくと肌の上で酸化してしまい過酸化脂質という刺激物質に変化してしまいます。

この過酸化物質が原因で老化を加速させてしまう可能性もあるのでこまめに皮脂をおさえるようにしましょう。

ただしティッシュなどで抑えるとティッシュの繊維が肌を傷つけてしまうので注意です。

補足
あぶらとり紙を使うと肌に必要な脂まで取り除いてしまうとか顔が乾燥してしまうなどと言われていたりもしますが、あぶらとり紙では全ての皮脂を取り除くことはできないので安心してください。

あぶらとり紙の種類

あぶらとり紙には「フィルムタイプ」と「紙タイプ」のものがよく見かけられますがどちらを使えばいいのでしょうか?

基本的にはどちらのタイプを使っても構いません、個人の好みで選びましょう。

  • フィルムタイプの方が脂の吸収率はよくがっつりとる事が出来るので皮脂が多い方にはこちらの方がおすすめです。
  •  

    紙タイプの方はフィルムタイプより吸収率は低めの為乾燥肌の方や肌に優しく使いたいという方にはこちらがおすすめです。

ただしあぶらとり紙を使用することで取り除く脂は一時的なものなので根本的な解決にはなりません。

またティッシュで顔を拭くことは肌を傷つける原因になるのでやめておきましょう。

洗顔での対策

男の人やすっぴんの状態でであれば顔がテカった際には外出先でも顔を洗ってさっぱりすることができますが、必要以上の洗顔は肌の乾燥に繋がります。

そうするとまた皮脂が肌を守ろうと余計に皮脂を分泌するので基本的に洗顔は朝と夜の2回で十分です。

MEMO
洗顔時の洗顔剤は必要な脂分まで取ってしまわないように固形石鹸がおすすめ!

皮脂が出る原因は肌を守る為

守ってくれるイメージ

まず知っておいて欲しいのは皮脂と汗は種類が違うのと、皮脂には人の肌に水分や脂を与え潤いを保つという重要な役割があるので顔がテカってしまうのは基本的には仕方がない事なのです。

それを踏まえて皮脂がでる仕組み、テカりの押さえ方を説明します。

皮脂の量は人による

皮脂の分泌量は個人差があり、少ない人多い人がいます。

自分がどの程度の皮脂を出すのかは余り汗をかかない季節(秋や冬)にあぶらとり紙で脂をふき取る事で知る事が可能です。

 

皮脂は肌が乾燥していて保湿が足りていない時に肌を守るために脂を出します。

肌が正常な状態であれば肌には皮脂の分泌量を図るセンサーがあるので、一定の量まで皮脂が出ると「潤いはもう必要ない」と判断して分泌量が少なくなっていくという非常に優れた機能を持っています。

ただしインナードライ状態では、肌は十分潤っているのにも関わらず皮脂が必要以上に出てしまうので注意しましょう。

肌に水分を与えることで皮脂を抑えられる

顔がテカってしまう理由が乾燥によるものだと分かったのでそれを解決する対策を取りましょう。

そこで保湿が必要なのですが、保湿にもっとも有効的な成分としてセラミド配合の化粧品を使う事をおすすめします。

セラミド成分は高価なため配合されている化粧品は少し値が張りますが、皮脂の悩み以外にも肌の様々なトラブルに対して有効なので是非セラミドが配合された基礎化粧品を使用していただきたいです。

もし学生さんやちょっとお金に余裕がないという方は乳液などでも構いません、プチプラのものでも乳液やクリームを丁寧に塗ることである程度の保湿が出来るのでそちらで代用しましょう。

またワセリンなども有効なので是非一度試してみてください。

化粧水のみは要注意

肌に水分を補充というと化粧水をイメージしがちですが、化粧水だけでのスキンケアでは逆効果となってしまいます。

化粧水をつけた瞬間は肌が潤っているように感じるかもしれませんが、そこからすぐに化粧水は蒸発してそれと同時に肌の潤いまで奪われて行ってしまいます。

なので外出先などであぶらとり紙でテカりを取ってから化粧水スプレーなどを吹き掛けてしまうような事は絶対に厳禁です。

顔のテカリとあぶらとり紙のまとめ

黒板にまとめ

男女問わず気になってしまう顔のテカりですがあぶらとり紙を使用することで老化防止にもなるのでしっかりと使っていきましょう。

ただ皮脂が出るのは肌が正常に機能しているからこそです。

あまり気にしすぎてそれがストレスにならないように注意しましょう。